九州大川の家具が生まれるところをご案内 Okawa Furniture & Factory Navigation

家具工場

HOME家具工場
(写真左から)企画・開発担当の堤照典さん、ショールーム店長の井上孝博さん

日本の住まいに心地よく寄り添う家具
九州道八女インターを降りて、国道442号線を大川方面に向かうこと約15分。道路左手に「high field(ハイフィールド)」という看板と庭、そして2階建ての白い建物が見えてきます。ここは、高野木工の直営ショップ&ショールーム。2012年に創業70年を迎えた同社がオープンさせました。
道路沿いという立地の良さと入りやすい雰囲気で、オープン以来多くのお客様で賑わっています。

庭づくりにもこだわった外観 誰もが立ち寄りやすい場に
 大きな窓から自然光がたっぷり入る店内は、「気取らない自然な明るい空間」がコンセプト。ウォールナット材、アルダー材、ホワイトオーク材、タモ材の4つの材料から生み出された、さまざまな家具が並びます。植物性オイルを原料とした自然塗料や透明のウレタン塗装で仕上げられているので、どの家具にも天然木の優しい風合いが漂っています。
 人の心を和ませ、環境にも優しい家具作りを一番に考え、消費者の方が求める機能・デザインを創造し商品化してきた高野木工。「high field」は同社が企画・製造まで一貫して手掛けるオリジナルブランドです。「家具を使って暮らす場面をイメージしていただくために、配置や照明、小物にもこだわりました」と企画・開発担当の堤照典さん。
 家具の他にも、厳選されたインテリア雑貨、照明、食器、手作りキャンドルなどがディスプレイされ、見ているだけでワクワクするものばかり。店長の井上孝博さんは、「立ち寄っていただきやすい環境作りを進めています」と力を込めます。

工場内は整理整頓が行き届いています 人と環境に優しい家具作り
 同社が最も注力するのは、サイズやカラー、機能や素材の使い方にいたるまで、日本の住まいや暮らし方に心地よく寄り添う家具作りです。「日本の高気密住宅でも不安なく使っていただけるよう人体に優しい材料を使用したり、日本のスタンダードな間取りや内装との相性が良いものは何かを常に考えています」と堤さん。部材や塗料などはホルムアルデヒドが含まれないF☆☆☆☆(フォースター)を使用。また家具の背面には化粧板を施すなど、見えない部分にも細かく配慮しています。
 社内では生産会議で工程スケジュールや問題点が常にチェックされ、さらなる品質向上に向けた情報共有と取り組みが行われています。新しいショールームの活性化も大切な課題の一つ。「こういう使い方ができる家具はありませんか」「もっとこんな風だったら」…訪れるお客様の声を生かした、新たな商品開発も計画されています。

メッセージ お子さま連れでも気兼ねなくご覧いただけて、2度3度足を運んでいただきやすいお店作りを進めたいですね。うちは一度通り過ぎても、Uターンして戻ってきてくださる方が多いんです。今後は雑貨類も増やす予定ですので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。(店長・井上孝博)

新着情報
当社の商品一覧ページへ

高野木工 株式会社

〒833-0044
福岡県筑後市大字富久911

営業時間 営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休

お電話によるお問合せは TEL 0942-53-7813
FAX 0942-52-4676

メールによるお問合せは info@high-field.com

オフィシャルホームページ http://high-field.com

工場のご案内 九州自動車道八女I.Cから車で約15分。
JR羽犬塚駅からタクシーで約10分。
駐車場あり。